お買いものする前にお役にたてれば

よかもん.com

育児関連

牛乳アレルギーが利用できるミルクまとめ【加水分解乳】

投稿日:

Ben_Kerckx / Pixabay

乳幼児の3大アレルギーは卵、牛乳、小麦が上げられます。

うちもこどもが小さいころは卵と牛乳アレルギーで食べ物の制限が結構ありました。

おもにアレルゲンとなるのは牛乳の成分に含まれる「カゼイン」と呼ばれるタンパク質です。

この「カゼイン」は、火を通しても壊れにくいため、牛乳にアレルギー反応が出てしまったら、牛乳を飲まないようにするしかありません。

粉ミルクで育てている赤ちゃんが牛乳アレルギーの反応があった場合は、「カゼイン」を加水分解したミルクや乳清を分解して作られたミルクがありますので、そういったものを選ぶようにしましょう。

今回は、数種類ある加水分解されたミルクをまとめてみました。

明治ミルフィーHP

乳糖不耐症用ミルクの中では比較的大容量で安い。
溶けやすく使いやすいのもいいですし、何と言っても毎回残さず飲み干していました。
「明治ミルフィーHP」は、ミルクアレルゲン除去食品、無乳糖食品として、消費者庁の認可をうけています。

楽天

Amazon

森永 MA-mi

「MA-mi」は、アレルギー性を著しく低減した良質の乳たんぱく質消化物とアミノ酸を配合し、母乳のアミノ酸バランスに近付けている。
遊離アミノ酸の少ない乳たんぱく質消化物を使用することで、森永「ニューMA-1」と比較し、飲みやすい風味にしているのが特徴。
さらに、乳幼児の発育に大切なビタミンK、ヌクレオチド、β-カロチンや、ビフィズス菌を増やすオリゴ糖(ラフィノース)、ビオチン、カルニチンなどを配合。
一方、乳糖、大豆成分、卵成分などは含まないようにしている。
また、調乳液の浸透圧を乳幼児の負担にならないように調整している。

楽天

Amazon

ビーンスターク ペプディエット

牛乳アレルギー疾患、乳糖不耐症、またはガラクトース血症の
乳幼児にお使いいただけるミルクです。

牛乳アレルギー疾患を持つ赤ちゃんのためにつくられたビーンスターク ペプディエット。

雪印ビーンスターク独自の酵素分解技術によって、アレルギーのもとになっている
牛乳たんぱく質を細かく分解し、アレルゲン性を抑えたミルクです。
また、乳糖を含んでおりませんので、乳糖不耐症やガラクトース血症の乳幼児にも
お飲みいただけます。

楽天

Amazon

牛乳を含む加工食品

ヨーグルト、チーズ、バター、生クリーム、全粉乳、 脱脂粉乳、一般の調製粉乳、れん乳、乳酸菌飲料、はっ酵乳、アイスクリーム、パン、カレーやシチューのルウ、肉類加工品(ハム、ウインナーなど)
洋菓子類(チョコレートなど)、調味料の一部 などがあります。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ



特定商買取引に基づく表示

-育児関連
-, , , , , ,

Copyright© よかもん.com , 2019 AllRights Reserved.